2005年11月28日

ビタミンB群、葉酸(水溶性)


植物の葉緑素に含まれ、タンパク質の代謝を助け、核酸の合成や正常な赤血球を作る。

効能
血液中に蓄積し動脈硬化を起こす危険因子のホモシステインを減少させる作用や
発ガンよく作用として働く。小腸で吸収された後、肝臓の貯蔵され循環器系に回る。

ビタミンBを含む食品
牛乳、ブロッコリー、かたくちいわし、落花生等。
posted by ブルース at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ビタミンB群、ビオチン(水溶性)


ビタミンHともよばれ、水に溶けやすく、熱に強い。
食品に幅広く含まれ、欠乏することはない。

効能
生命活動を維持するのに、欠かせない補酵素として、
代謝や核酸の合成、神経細胞の正常化。
湿疹ys皮膚炎の治療薬。皮膚の炎症を起こすヒスタミンの生成を抑え、対外に排出する。
posted by ブルース at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ビタミンB群、ナイアシン(水溶性)


糖質や脂質、タンパク質を代謝する補酵素として働く。

効能
血行をよくして、脳の活性化、
アルコールの元となるアセトアルデヒドを分解する働き、二日酔いを防ぐ。
不足すると、痴呆症のペラグラを引き起こすこともある。

ビタミンBを含む食品
かたくちいわし、落花生、豚ロース等。
posted by ブルース at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ビタミンB群、パントテン酸(水溶性)


糖質や脂肪の代謝にかかわり、エネルギー生成に作用する補酵素コエンザイムAの主要成分。

効能
体の成長を促進したり、副腎皮質ホルモンの合成に関与して、ストレスに
対する抵抗力を強める働きをする。
不足すると、低血糖症、12指腸潰瘍を起こす。
アルコール、カフェインは、消耗を増大する。

ビタミンBを含む食品
牛乳、ブロッコリー、かたくちいわし、落花生、豚ロース等。
posted by ブルース at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ビタミンB2(リボフラビン)(水溶性)

成長を促進する作用があり、栄養素の代謝に関係するフラビン酵素の働きを助ける補酵素。

効能
美容ビタミンと呼ばれ、皮膚や粘膜を健康に保ち、肌荒れやニキビを防ぐ。
脂質の燃焼にかかわっている。

ビタミンBを含む食品
牛乳、ブロッコリー、等。
posted by ブルース at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンB12(水溶性)

正常な赤血球を生成するために必要。
葉酸とともに遺伝子形成の元となる拡散の合成にかかわる。
心筋梗塞や脳梗塞の危険因子のホモシステインの増加を抑える。

効能不足すると、貧血になる。B12不足の貧血を悪性貧血という。

ビタミンBを含む食品
牛乳、かたくちいわし等。
posted by ブルース at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ビタミンB6(水溶性)

タンパク質の代謝に不可欠、タンパク質のアミノ酸を合成したり、分解したりする補酵素の役目。
脂質の代謝や赤血球づくりにもかかわる。

効能
不足すると、神経の働きがスムーズにおこなわれず、鬱症状や不眠症になる。
脂質の代謝が悪くなり動脈硬化の危険性もある。

ビタミンBを含む食品
牛乳、ブロッコリー、豚ロース等。
posted by ブルース at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンB1(水溶性)

脳の働きを活発にするエネルギー源、ブドウ糖がエネルギーに変わるのをサポートする。

効能
不足すると、エネルギー代謝が悪くなり、末梢神経に異常をきたし、
かっけ、疲労感、倦怠感、手足のしびれがでる。

ビタミンBを含む食品
ブロッコリー、落花生、豚ロース等。




posted by ブルース at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ビタミンA

ビタミンAには、2種類あり、1つは動物性食品に含まれ、
はじめからビタミンAの形のレチノール。
1つは、植物性食品に含まれるβカロチン(カロチノイドの1種)で、
体内でビタミンAに変わる。


効能
風邪などの感染症を防ぐ。
夜盲症に効く
不足すると生活習慣病やガンを予防。
皮膚やツメ、髪の毛、粘膜などを健康に保つ。

メカニズム
体内で合成できないので、食事で補強
βカロチンとして、とれば、必要分だけ、ビタミンにかえ、
残りはβカロチンとして活性酸素と戦う。

摂取方法食品
脂溶性のため、取りすぎると、体にたまる
ウナギ、鶏レバー、卵、マーガリン、ほうれん草。
posted by ブルース at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。