2005年12月31日

卵黄油

鶏卵の卵黄を弱火にかけ、長時間混ぜ続けてできた油。

働き
リン脂質が30%含まれ、この中にレシチンが含まれている。
血液中のコレステロールを乳化させ、沈着を防ぐ。

中性脂肪や悪玉コレステロールを減少、動脈硬化を防ぐ。
血行をよくする。
筋肉、心筋を強化、心臓機能を高める効果がある。

酵素の活性を高め、脂質代謝を活発にして、糖尿病や肥満を防ぐ。

注意
高コレステロールなので、とりすぎに注意。

関連症状
動脈硬化
高血圧
高脂血症
白髪、脱毛
糖尿病
動悸、息切れ
冷え性


2005年12月27日

フコイダン

海藻の表面にある独特のヌルヌルした成分のひとつである。
フコースという単糖類を主成分とする多糖類で、
食物繊維の一種。
昆布、ワカメ、モズク、ひじきに含まれる。

働き
1、免疫システムを助ける。細菌に感染した細胞を死滅させる
働きを持つナチュラル・キラー細胞の活性細胞を高める。
血液中の中性脂肪やコレステロールを抑制。

2、ヌルヌルした硫酸基が胃の粘膜を保護し、ピロリ菌を排出する。
胃潰瘍の炎症の修復作用もある。

3、細胞のアポトーシス(自滅作用)の作用があるのではないかと、
いわれている。(ガン細胞の自滅)

摂取
1日の摂取量、1000mgといわれる。
含有量ーモズク酢一杯(40g)1008mg、ひじきの煮物(40g)680mg

関連症状
ガンの予防
胃潰瘍の予防
動脈硬化

posted by ブルース at 09:09| Comment(0) | TrackBack(1) | サプリメント(な行、は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

ルイボス

南アフリカ共和国の一部の山岳地帯で栽培され、
茶葉を発酵させて乾燥させたものが、ルイボスティーで、
リン、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどの
ミネラルを豊富に含む。

働き
昼夜の寒暖差、日中の紫外線の強さといった栽培環境により、
抗酸化力があるといわれる。
体内にあるSOD(抗酸化酵素)を活性化させ、活性酸素を除去、消去すろ
スカベンジ作用もある。
活性酸素が原因といわれている、糖尿病、動脈硬化、高コレステロール症、
高脂血症、白内障、細胞の老化、に効果がある。
抗アレルギー

摂取
1日摂取量は、500mlが目安。
ティーバッグで、2.5gで水1.5?で10分以上、煮出す。

関連症状
糖尿病
動脈硬化
肌あれ
アレルギ性疾患



2005年12月23日

ローズヒップ

北ヨーロッパ産の野バラの実で、冬にビタミンC不足で起きる
病気の予防に飲まれており、ビタミンC含有量は、レモンの数十倍である。
これに含まれるビタミンCはバイオフラボノイドを20%含んだ
天然水溶性で、熱を加えても壊れない。効率よく、体内に取り込まれる。

働き
ビタミンCによる、疲労回復、風邪予防、
リコピンによる利尿作用、便秘解消。
ビタミンA,B,E,カロチンなどの栄養素含み、
抗酸化作用、抗ストレス、有害物質排出、頭痛、肩こり解消
インターフェロン誘発、コレステロール正常化、血液の浄化、白内障予防。

摂取
ビタミンCの1日摂取量は、50mgだが、タバコ1本で、約25〜100mgが破壊
されるので、ぜひ、摂りたい。

関連症状
疲労回復
疲れ目
白内障予防
利尿作用
肝臓、胆嚢の活性化
便秘
血液浄化

2005年12月21日

むくみやすい

体内の水分は、細胞内、血液中、細胞間隙に分布して
栄養や酸素を体に運んだり、老廃物を排出しる役割がある。
しかし、何らかの理由でバランスが崩れ、細胞間隙に余分な水が
たまって、むくみが起きる。

むくみには、2種ある
1、全身性浮腫
心臓の病気による血液循環機能の低下、腎炎、ネフローゼ症候群、
肝硬変による血中のアルブミン減少。甲状腺の機能異常、
貧血、妊娠中毒症などが原因。
2、局所性浮腫
血管や骨盤内で起きる病気が原因。
筋肉が少なく、血管が細いため、下肢から心臓へ血液を送り返す力が
弱いために起きる。

予防
血液やリンパの流れをよくする運動。
足のマッサージ、半身浴による血流促進。
余分な水分を排出するカリウムを摂る。
バナナ、キュウリ、リンゴをとる。
フェンネル、イラクサなどのハーブには、利尿作用がある。
心機能を高めて血流を改善するコエンザイムQ10を摂取。

関連サプリメント
カリウム
メリロート
コエンザイムQ10
フェンネル
メリロート
posted by ブルース at 17:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

食物ステロール

果物、野菜、植物油、ナッツ、穀物に含まれる成分。
スチグマステロール、ベータシトステロール、カンペステロールなどがある。

働き
食物ステロールには、食物に含まれるコレステロールを体内に吸収されにくく
する。

食べ物に含まれるコレステロールは、胆汁酸と結合して、小腸で吸収されるが
食物コレステロールを摂っておくとコレステロールの代わりに胆汁酸と結びつく。
吸収されなかったコレステロールは便となって排出される。
結果、悪玉コレステロールが低下する。

ベータシストステロールには、免疫機能を高める力があり、ナチュラルキラー細胞
に働きかけ細菌に感染した細胞を死滅させる。
ガン細胞の進行を抑制する効果が期待できる。

摂取
定期的に食べないと、効果は期待できない。
効果も、あらわれるまでに、時間がかかる。
摂らなくなると、すぐに、元にもどってしまう。

ゴマ、落花生、大豆に多く含まれる
コーン油、ひまわり油、マーガリンなど。

関連症状
コレステロール低下
ガン予防
免疫力低下


posted by ブルース at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント(さ行、た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

乳清タンパク

牛乳からチーズを作るときに生まれる成分。
牛乳には約3.3%のタンパク質が含まれ、
2つにわけられる。
1つは、カゼインというもので、チーズになるもの、
もう1つが、かたらまらない乳清タンパクである。
ラクトアルブミン、ラクトグロブリン、ラクトフェリンが構成成分である。

働き
免疫機能の強化、サルモネラ菌や肺炎レンサ球菌などの予防効果。
グルタチオンという抗酸化物質を増加させる。
グルタチオンは、活性酸素から守るが、加齢とともに減少する。
アルツハイマー病の患者はグルタチオンが少ないとされているので、
何らかの関係があるかもしれないとされている。
ただ、グルタチオンは食品としてとっても、吸収が悪い。
サプリメントとして摂ることのが、有効だとされる。

関連症状
脳の老化防止
筋肉増強
抗酸化作用
posted by ブルース at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント(な行、は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

脳の老化防止

メカニズム
名前が思いだせない、ものの置き場所を思いだせない。
こういう経験は誰にでもある。
生理的現象で、加齢とともに神経伝達機能の低下である。
人の脳細胞は約140億個あるが、40歳を過ぎる頃には、
1日づつ、死滅していく。

健忘
判断力や思考力があり、普段は支障がない。

老人性痴呆症
今日が何日、自分がどこにいる、のがわからない。
見当識に障害があらわれる。

痴呆には2種類ある
1、脳血管性痴呆
脳の神経細胞を養う毛細血管がつまり、その先の脳細胞が死んで、
脳の働きが低下。症状が段階的に進むため、しっかりしている部分もあり、
痴呆がまだら状にあらわれる。

2、アルツハイマー性痴呆
脳全体が萎縮することで起きる。
女性の場合、エストロゲン(女性ホルモン)の喪失によって、
脳細胞の保護効果がうしなわれることと関係があると考えられる。

予防
脳の中で、140億個のニューロン(神経細胞)がつながり、
数千億個のシナプス(接点)を作る。
記憶を呼び出すには、神経細胞の間を信号が伝わらなければならない。
必要になるのが、ドーパミン、ノルエビネフリン、セロトニン、
アセチルコリンなどの神経伝達物質。

神経伝達物質の生成(栄養素が不可欠)
ビタミンB6
神経の再生を促す。

レシチン、ディメチルアミノエタノール(DMAE)
脳の細胞膜の構成成分であるリン脂質の大部分を占める
ホスファチジルセリン、アセチルコリンを増加させる。

イチョウ葉エキス
脳の毛細血管の血流をよくする。

ポリフェノール
活性酸素をなくす、抗酸化作用。

関連サプリメント
ビタミンB6
ホスファチジルセリン
イチョウ葉エキス
レシチン
ポリフェノール

posted by ブルース at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ローヤルゼリー

ミツバチの女王バチのエサとして、働きバチが体内で合成するもの。
ハチミツに比べ必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸類が豊富に
含まれている。(40種類以上の栄養素をもつといわれている)
含まれているアミノ酸は、良質なタンパク質を構成し、
脂肪酸などの成分も含んでいる。

働きアミノ酸のリジンは成長促進と機能促進に作用し、
メチオニンは解毒作用や肝臓の脂肪沈着を防ぎ、肝臓機能を促進。
バリンは体力を回復し、健康維持に役立つ。

その他に含まれている成分で、
パントテン酸は、善玉コレステロールを増やし、免疫力を向上し、
アセチルコリンは、脳の活性化や血圧調整作用があり、
イノシトールは脂肪肝、肝硬変などの予防がある。

ローヤルゼリーにのみ含まれる特殊栄養素がある。
1、デセン酸
自律神経失調症、更年期障害に有効とされる成分であり、
皮脂分泌の促進、ガン細胞の増殖を抑制する成分として、注目されている。
2、類パロチンは、筋肉、内臓、骨、血管など体の組織の老化を防ぐ。
3、R物質は、まだ、解明されていない。

摂取
少量で効果があるので、一度に多量の摂取は必要ない。
ハチミツとうは、一緒にとらない。
ハチミツの糖分はビタミンB1を消耗させるので、ロヤルゼリー作用しにくくなる。

関連症状
更年期障害
脳の老化防止
ガンの予防
慢性前立腺炎
自律神経失調症
免疫力の活性化
乳幼児の発育促進


2005年12月10日

肩こり

肩の筋肉がいつも緊張した状態になり、こわばってしまう。
これを肩こりという。
筋肉が緊張した状態が続き、血行が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまってしまう。
過度の運動にも、疲労物質がたまり、肩こりを起こす。

その他
寝違いによる頚椎や胸椎のずれによる痛み。
内臓の病気、血圧の異常、ストレスによる起こる場合もある。

筋肉の緊張や過度の運動による肩こりは心配はないが、
胆のう炎、胆石症
みぞおちや肋骨の下から背中、右肩に痛みがあったり、
背中や肩甲骨の下が圧迫されるような痛みは、可能性がある。

狭心症、心筋梗塞
胸が締め付けられような痛みが左肩や左腕まで伝わる場合、可能性がある。

頸部椎間板ヘルニア
首をそらしたり、回したりしたときに痛みが肩や胸まで走る場合。

変形性頸椎症
首の後ろから背中にかけて、こりがあり、手足のしびれ潤がある場合。

予防
血行が悪くならないようにする。
運動のあとは、筋肉を休ませる。
ビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変換するときに必要、不足すると
疲労物質がたまる。
同じ作用で、クエン酸がある。
血行をよくするには、ビタミンE、イチョウ葉エキス

関連サプリメント
ビタミンB1、E
イチョウは葉エキス
クエン酸
梅エキス
posted by ブルース at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

脳の活性化

身体と違い、脳はエネルギー源としてブドウ糖しか利用できない。
糖質を補充しないとダメージを与える。

脳を作り、発達させるのは、脂質とタンパク質である。
神経線維は脂質で、神経組織はタンパク質でつくられる。

栄養源
レシチン(大豆や卵黄に含まれる)
脳細胞間の伝達物質であるアセチルコリンの原料となる
ホスファチジルセリンという物質を含んでいる。

ビタミンB群
B1、B2、ナイアシン、はブドウ糖の代謝に関わる。
B6、パントテン酸、葉酸は神経伝達物質に関わる。
不足すると、興奮、疲労、不安、怒りっぽい、などが考えられる。

DHA、EPA(不飽和脂肪酸)
神経細胞に含まれ、情報伝達や記憶力に影響すると考えられる。

イチョウ葉エキス
血液の循環をよくし、抗酸化作用もあって、
脳の活性化が促進される。

関連サプリメント
プロテイン
レシチン
ビタミンB群
DHA,EPA
イチョウ葉エキス


posted by ブルース at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ガン

細胞のガン化は、活性酸素のよる遺伝子の障害である。

正常な細胞がガン細胞に変わり、発見されるまでに
長い年月がかかる。
この間に体内の免疫力を高く維持す、ガンを防ぐ。
抗酸化作用のある食品を摂る。

予防
抗酸化作用のある食品(キノコ類、高麗ニンジン、ハトムギ、プロポリス)を摂る。
マイタケ、シイタケ、霊芝、アガリスクには、βグルカン(免疫賦活作用をもつ
多糖体を含む)が含まれる。
シイタケからはレンチナン(抗がん剤)が抽出される。

ビタミンC、E、カテキン、フラボノイドには、細胞のガン化を抑える作用。
ビタミンAには、粘膜や細胞膜の免疫力を高める。
セレン(抗酸化作用、免疫力、発ガン物質を分解、解毒)
食物繊維、乳酸菌。

関連サプリメント
アガリスク
キノコ類
ハトムギ
プロポリス
高麗ニンジン
セレン
乳酸菌

posted by ブルース at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

トイレが近い

毎日、続くようであれば、頻尿という症状の可能性がある。
男性の場合、夜中に何度もトイレにいったり、残尿感があれば、
前立腺肥大症もある。

女性の場合、原因として、膀胱炎が考えられる。
男性に比べて、尿道が短く、肛門と尿道口の位置が近いため、雑菌が
入りやすい。
更年期以降は、エストロゲンの減少し、膀胱の萎縮、粘膜がうすくなって
自浄力の低下によって、膀胱炎になりやすくなる。

予防
前立腺肥大症には、ノコギリヤシがいい、ただ、初期症状のみ。
尿路感染には、クランベリー。
エキナセア、エルダーフラワー、プロポリスには、抗炎症作用がある。
ヤマイモは、頻尿の特効薬とされている。

関連サプリメント
ビタミンE
クランベリー
エキナセア
プロポリス
ノコギリヤシ
posted by ブルース at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ルテイン

赤、黄色などの色素成分のカロテノイドの一種。
緑黄色野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに
必要な色素。黄班部に存在し、黄班の健康を保つ。
(黄班部は目の網膜の中心にあり、光を感じる細胞がある。
 この黄班部がむくんだり、出血したりして沈殿物がたまる
 状態を黄班変性症よいう。詳しい原因はわかっていないが、
 活性酸素が原因とされている。)

ルテインは、光の中で、有害とされる青色光を吸収して、
抗酸化作用で黄班部の酸化を防ぐ。

白内障、大腸ガン、皮膚ガン、子宮ガンも予防するとされている。

摂取
ホウレン草、ケール、ブロッコリー、芽キャベツなどに含まれる

2005年12月02日

酒の飲みすぎ

酒を飲む
メカニズム
アルコールは、胃や腸で吸収されて肝臓に送られる、
肝臓は酵素んも働きでアルコールをアセトアルデヒドに、
さらに酢酸に分解、最終的に炭酸ガスと水にして体外に排出。

飲みすぎると、分解作業が間に合わなくなり、アセトアルデヒド
が全身にまわる。これが、酔いである。
アセトアルデヒドは毒性で発ガン作用があり、動脈硬化、肝臓病、
心臓病などを促進する。

予防、改善
アルコールは、抗酸化物質であるビタミンCやビタミンE、セレンなどを
破壊するので、抗酸化物質を摂取することが必要。
アルコールが代謝されるときに、ビタミンAも一緒に胆汁に排出される。
ビタミンAの補充も必要。
ビタミンBの補充によって、脳神経障害を予防。
肝臓の解毒作用を高めるには、ウコンの摂取が必要。

関連サプリメント
ビタミンA(βカロテン)
ビタミンB1
セレン
ウコン

posted by ブルース at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満

体内に脂肪が過剰に蓄積した状態。
体脂肪の比率、男性15%〜20%、女性20%〜30%を超えた場合。

種類
1、症候性肥満
ホルモン分泌や脳の異常、遺伝、病気が原因
2、単純性肥満(ほとんどがこれである)
原因がはっきりしない。

単純性肥満の種類
1、皮下脂肪型
2、内臓脂肪型

改善
肥満は摂取カロリーが消費カロリーを上回るのが原因。
ただ、カロリー制限を行うと、ビタミンやミネラル不足になりやすい。
ビタミンやミネラルは、脂肪燃焼にも、関わるので、不足しないようにする。
効用は、各サプリメントを参考。
 
関連サプリメント
ビタミンB群
マルチビタミン
マルチミネラル
posted by ブルース at 09:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 症状別サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。